北8条店 調剤アシスタント 加藤さん

サツドラ薬局には2021年、5人の新人薬剤師と4人の調剤アシスタントが入社しました。サツドラ薬局にどんな人が毎年入社しているのかを知ってもらうために、彼らの人物像やその人の強み、またサツドラに決めた理由などをインタビュー形式でお伝えします。

 

インタビュアー「本日はよろしくおねがいします。」

加藤さん「よろしくおねがいします。」

インタビュアー「加藤さんのご出身はどちらですか?」

加藤さん「はい、生まれは旭川ですが、その後岩見沢で育ちました!専門学校は札幌医療秘書福祉専門学校の出身です。」

インタビュアー「そうなんですね。加藤さんはどうして調剤アシスタントになろうと思ったのですか?」

加藤さん「はい。昔から医療事務に憧れがありました。病院・薬局に関わらず、医療事務を目指していました。」

インタビュアー「そうだったんですね!どうしてサツドラ薬局に決めたんですか?」

加藤さん「初めは遠くへの異動が少ないことがきっかけではありましたが、説明会で調剤アシスタントの仕事の幅の多さを知り、魅力を感じました。」

インタビュアー「薬局ではアシスタントの力が必要ですもんね。実際のサツドラ薬局はどう感じていますか?」

加藤さん「そうですね。皆さん優しく、働きやすい環境なのは想像していた通りです!」

インタビュアー「逆に予想外だったことはなんですか?」

加藤さん「はい。残業が少ないことです!勝手に医療関係は残業が多いイメージだったのですが、真逆でした!」

インタビュアー「サツドラは特に少ないかもしれませんね!入社式では同期と仲良くなれましたか?」

加藤さん「はい!対面での実施で、ドラッグの同期とも一緒に成果発表などを行うことができ、結束が強まりました。」

インタビュアー「同じタイミングで社会人をスタートする大切な仲間ですね!お休みは充実していますか?」

加藤さん「とても!毎月希望通りにお休みを取らせていただいているので、友人とも合わせやすいです!」

インタビュアー「しっかり充実させてください!そんな加藤さんの今後も目標はありますか?」

加藤さん「はい。今は一人前になることです!店舗の先輩のように何でもこなせて、薬剤師の方に頼られる調剤アシスタントを目指します!」

インタビュアー「加藤さんのご活躍に期待しています!本日はありがとうございました。」

加藤さん「こちらこそありがとうございました!」


この記事を読まれた方へ。こちらの記事もオススメです