北33条店 調剤アシスタント 野坂さん

サツドラ薬局には2020年6人の新人薬剤師と4人の調剤アシスタントが入社しました。サツドラ薬局にどんな人が毎年入社しているのかを知ってもらうために、彼らの人物像やその人の強み、またサツドラに決めた理由などをインタビュー形式でお伝えします。

 

インタビュアー「本日はよろしくおねがい致します。」

野坂さん「よろしくおねがいします。」

インタビュアー「野坂さんのご出身はどちらですか?」

野坂さん「私の出身は深川で、北海道医薬専門学校を卒業しました。」

インタビュアー「今も深川から通われているのですか?」

野坂さん「専門学生の時は深川から通っていましたが、今は札幌市内に住んでいます。」

インタビュアー「そうだったんですね。野坂さんはどうして医療事務を目指そうと思われたのですか?」

野坂さん「はい。小さい頃から病院にかかることが多く、その際に医療事務さんに優しくしてもらったことがきっかけで医療事務を目指そうと考えました。」

インタビュアー「小さい頃の記憶って案外残っていますよね。医療事務という職業の中で、どうして薬局で働こうと思われたのですか?」

野坂さん「はい。もともとは病院に就職しようと考えていたのですが、薬局の方がより患者さんとの距離が近いと感じたので薬局に就職することにしました。」

インタビュアー「数ある薬局の中でどうしてサツドラ薬局を選ばれたのですか?」

野坂さん「はい。専門学校時代の友達も札幌に多くいるので勤務地は札幌を希望していました。その中でも、説明会の際に感じた会社の雰囲気に魅かれ、サツドラ薬局で働きたいと思いました。」

インタビュアー「入社してからの雰囲気はどうですか?」

野坂さん「説明会の際に感じた通りでした!皆さん優しくしてくれますので早く他の店舗の方々とも会ってみたいです!」

インタビュアー「そうですか!業務内容もイメージしていた通りですか?」

野坂さん「はい!私が働いている店舗は2階建てなので業務が分担されています。どちらの階を担当するのかは日によって違うのですが
1Fで患者さんと話せる受付も、2Fで薬剤師とのやり取りが出来るアシスタント業務もどちらも楽しくイメージ通りでした。」

インタビュアー「それは良かったです!最後に野坂さんの今後の目標を教えてください。」

野坂さん「はい!近いうちに登録販売者の資格をとりたいです。門前だけではなく、併設店でも活躍できるようになりたいので、頑張ります!」

インタビュアー「目標に向かって頑張ってください!!本日はありがとうございました。」

野坂さん「はい!頑張ります!ありがとうございました。」

 


この記事を読まれた方へ。こちらの記事もオススメです